MacBookAir を Apple のリサイクル回収へ

タイトル通り, MacのiTunesで「ラブ」をショートカットで操作できるようにすることが目的です.

筆者の環境は以下の通り.

  • OS X El Capitan
  • iTunes 12.5.3.17

iTunesで音楽の整理を行っていると, マウスで操作しなければならないことが多々ありますよね. その中の一つが「ラブ」を付けたり外したりすることです.

数曲程度の編集であればマウスで操作してもいいですが, たくさんの曲を編集しようと思うとマウスでなくてキーボードで操作したくなるというもの. 早速設定方法の紹介に移りましょう.

スポンサーリンク

ショートカットキーの設定
「ラブ」のON/OFF
応用 レートの設定


ショートカットキーの設定

  1. 「システム環境設定」を起動します.

    image
  2. 「キーボード」を選択します.

    image
  3. 「ショートカット」タブを選択します.

    image
  4. 左列一覧から「アプリケーション」を選択し, 「+」ボタンを選択します.

    image
  5. 「アプリケーション」は「iTunes.app」, 「メニュータイトル」は「曲->ラブ」とします.
    また,「キーボードショートカット」には「ラブ」のショートカットキーとして登録したいキーの組み合わせを入力します.
    図の例では「Command + Shift + L」としています.

    image
  6. 「追加」ボタンを押します.

下図のように表示されていればOKです.

image

「ラブ」のON/OFF

上記の操作終了後, iTunesのメニューから「曲」の項目を見てみると, 「ラブ」の項目にショートカットキーが登録されていることが確認できます.

image

あとは曲を選択した状態で登録したショートカットキー(上記の例で言えば「Command + Shift + L」)を押すことで「ラブ」を登録することができるようになります.


すでに「ラブ」がついている場合, 下図のように「ラブ」の代わりに「ラブ済み」と表示されているはずです.

image

しかし, ショートカットキーは「ラブ」しか登録していませんでしたので, 「ラブ済み」を外すショートカットキーが割り当てられていません.

「ラブ」を付けるのと外すのを同じショートカットキーで設定したいのであれば, 再びショートカットキーの登録を行うことになります.

今回は,「メニュータイトル」を「曲->ラブ済み」として, 「曲->ラブ」のときと同じショートカットキーを割り当てましょう. (上記の例で言えば「Command + Shift + L」)

画像のようにショートカットキーが登録できればOKです.

image

これで, 「ラブ」のON/OFFが同じショートカットキーで操作できるようになりました.

応用 レートの設定

上記のようなショートカットキーの設定を他にも適用してみましょう.

実際, iTunesに限らず, アプリケーションのメニューから選択できるような, しかしデフォルトではショートカットキーが割り当てられていないような操作にショートカットキーを割り当てることができます.

iTunesの他の例で言えば 「レート」の設定なんかもできます.

「メニュータイトル」を「曲->レート->★★★★★」にすることで洗濯中の曲のレートを5にするショートカットキーを割り当てることが出来ます.


同様に,
「曲->レート->★★★★」はレート4,
「曲->レート->★★★」はレート3,
「曲->レート->★★」はレート2,
「曲->レート->★」はレート1,
に対応しており, これ等にショートカットキーを割り当てることが可能です.

image

マウス操作が面倒な人はお試しあれ.

この記事をシェアする