ベクトルの表記方法

ベクトルを表記する時に高校では記号 \( \to \) を用いて \( \overrightarrow{a} \) と表記するが, 一般的な理工学書ではベクトルを太字のアルファベットを用いて \( \boldsymbol{a} \) などと表記する.

太字のアルファベットのベクトルを実際に手書きするとき, 通常のアルファベットに縦線を加えて二重線を含んだアルファベットで太字を表現する.

太字のアルファベットのどこを二重線にするかは様々な流儀があって特に取り決めはなく, 太字を表していることが読み手に伝わればよい[1]. 以下では, 太字のアルファベットを手書きする時の一例を示す.

太字アルファベット(大文字)の例

太字アルファベット大文字

太字アルファベット(小文字)の例

太字アルファベット小文字

上に示した太字アルファベット(小文字)の例には筆記体とブロック体が混在しているが, 多くの学生に馴染みがある方を適宜採用しただけで, 特に深い意味はない.

※上記の手書きの例は管理人の手書きを電子化したものであって大変に見栄えが悪いが容赦していただきたい.

最終更新日
物理におけるギリシャ文字 単位一覧



補足    (↵ 本文へ)
  1. もし取り決めが既にあるというような情報をご存知の方はお知らせ下さい. なお, 太字の書き方の一例については「ファインマン物理学 第三巻(日本語版)」でも紹介されており, 参考にさせていただきました.

スポンサーリンク

この記事をシェアする