物理定数

物理定数は必ずしも覚えておく必要はない. しかし, どの程度の値であるのかを知っておくことに意味はある. おおよその値だけでも知っておけば, 関連する物理現象がどんなスケールで起きている現象なのか見当がつくからである.

物理量

記号, 定義式

値(有効数字3桁)

単位

重力加速度

\( g , g_{N} \) \( 9.81 \) \( \mathrm{m \cdot s^{-2}} \)

万有引力定数

\( G_N \) \( 6.67 \times 10^{-11} \) \( \mathrm{m^3 \cdot kg^{-1} \cdot s^{-2}} \)

絶対零度

\( 0 \)
\( -273 \)
\( \mathrm{K} \)
\( \mathrm{^{\circ}C} \)

アボガドロ定数

\( N_A \) \( 6.02 \times 10^{23} \) \( \mathrm{mol^{-1}} \)

気体定数

\( R \) \( 8.31 \) \( \mathrm{J \cdot K^{-1} \cdot mol^{-1} } \)

ボルツマン定数

\( k = R/N_{A} \) \( 1.38 \times 10^{-23} \) \( \mathrm{J \cdot K^{-1}} \)

真空中の光速

\( c \) \( 3.00 \times 10^8 \) \( \mathrm{m \cdot s^{-1}} \)

真空の誘電率      

\( \epsilon_0 = 1/\mu_0c^2 \) \( 8.85 \dots \times 10^{-12} \) \( \mathrm{F \cdot m^{-1}} \)

真空の透磁率          

\( \mu_0 \) \( 4\pi \times 10^{-7} \) \( \mathrm{N\cdot A^{-2}} \)

素電荷

\( e \) \( 1.60 \times 10^{-19} \) \( \mathrm{C} \)

ファラデー定数

\( F= N_{A} e \) \( 9.65 \times 10^{4} \) \( \mathrm{C} \cdot \mathrm{mol^{-1}} \)

原子質量単位
炭素質量の1/12

\( (1 \ \mathrm{g})/(N_A \mathrm{mol}) \) \( 1 \)
\( 1.66 \times 10^{-27} \)
\( \mathrm{u} \)
\( \mathrm{kg} \)

電子の質量

\( m_{e} \) \( 9.11 \times 10^{-31} \) \( \mathrm{kg} \)

陽子の質量

\( m_{p} \) \( 1.67 \times 10^{-27} \) \( \mathrm{kg} \)

中性子の質量

\( m_n \) \( 1.67 \times 10^{-27} \) \( \mathrm{kg} \)

プランク定数

\( h \) \( 6.63 \times 10^{-34} \) \( \mathrm{J\cdot s} \)

換算プランク定数

\( \hbar \equiv h/2\pi \) \( 1.05 \times 10^{-34} \) \( \mathrm{J\cdot s} \)

古典電子半径

\( r_{e} = \frac{e^2}{4\pi \epsilon_0 m_{e}^2c^2} \) \( 2.82 \times 10^{-15} \) \( \mathrm{m} \)

ボーア半径

\( a_{\infty} = \frac{4\pi \epsilon_0 \hbar^2 }{m_{e}c^2} \) \( 0.529 \times 10^{-10} \) \( \mathrm{m} \)

プランク質量

\( M_{Pl} = \sqrt{\hbar c / G_N} \) \( 2.18 \times 10^{-8} \) \( \mathrm{kg} \)

プランク長

\( l_{Pl} = \sqrt{\hbar G_N /c^3} \) \( 1.62 \times 10^{-35} \) \( \mathrm{m} \)

理科年表(第86冊,平成25年,丸善出版)より抜粋.

最終更新日
単位と次元 誤差

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です